ホワイトインクの活用方法

弊社のUVインクジェットプリンタでは、ホワイトインク(白インク)の印刷が可能です。ホワイトインクには様々な活用方法がございます。

1. 白色を表現できる
主なフルカラー印刷物は4色(シアン・マゼンタ・イエロー、ブラック)のインクで構成されており、通常、白は用紙本来の色で表現されていますが、印刷する資材そのものが色味や模様を持つ場合は、ホワイトインクを使うことで白を表現することが可能です。
白を下地にした箇所
グレー地の紙に白を敷いてから印刷


2. 発色を良くする
白を下地として印刷することによって、資材本来の色や模様に影響されずにイメージに合った色彩表現が可能となります。例えばクラフトダンボールやチップボール(鼠色の板紙)に、4色のみを印刷した場合と最初に白を引いた場合では、発色に大きな差が出ます。
グレー地の紙に白を敷いてから印刷に
グレー地の紙に白を敷いてから印刷


3. 透明と不透明の差異を出せる
アクリルや塩ビ等の透明な資材に白を印刷することで、遮蔽性を持たせることが可能です。例えば電飾用ポスターでは、商品写真やタイトル等の目立たせたい要素は不透明に、背景は透明にすることで立体感やメリハリが生まれます。
白地の有無での見え方の違い
白地の有無での見え方の違い


4. 盛り上げ効果を狙える
UVインクジェットプリンタではホワイトインクによる積層印刷が可能です。インクを重ね刷りすることによって、凹凸やテクスチャを演出することができます。下記の写真は、車のイラストをスチレンボードに印刷したサンプルですが、油絵の具独特の盛り上がりやキャンバス(麻布)のごつごつしたテクスチャを、ホワイトインクを積層させることによって表現しています。
インクを積層させた表面
インクを積層させた表面


カラー(4色)印刷にホワイトインクによる印刷を1回加えた場合の料金は、カラー印刷のみの場合と比較して約1.3倍から1.5倍が目安となります。料金はホワイトインクを印刷する回数によって変動します。また、カラー印刷用のデータと別に、ホワイトインク用の印刷データを準備する必要がございます。


弊社では木材・アクリル・強化段ボール資材等の様々なマテリアルプリントに対応しております。ここで紹介したホワイトインキの特性を活かすことで、新たな表現方法を獲得してください。

各資材別の印刷事例をご覧になりたい方は「様々なマテリアルに印刷可能」のページをご覧ください。

その他のご質問や御見積のご要望は、
お問い合わせフォームよりお願いいたします。

お問い合わせフォーム
▲PAGE TOP