電飾用紙の種類

電飾ポスター用紙の種類とそれぞれの特徴についてご説明いたします。

電飾用紙・バックライトフィルムは、電飾スタンドやLEDライトパネルにセットするポスター用の資材です。裏側から光を当てているため、夜間・暗所でも目立つという特長があり、飲食店での看板に使われています。

電飾ポスター用紙として、弊社では主に2種類の資材をご提案しております。

1つ目は素材にPETを使用した「ビューフル®」。電飾用フィルムとして開発されたUV硬化型インク用メディアで、ブランドイメージを大切にしたい企業・店舗様の電飾看板広告用途として最適です。高い透明度を持つ「クリアタイプ」と、高い拡散性が特長の「乳白色タイプ」の2種類から選択可能です。弊社で取り扱いのある電飾用フィルムは、最大幅が1,300mmのロールタイプとなっております。

乳白色の電飾用フィルムの代用品として、ポリエステルをベースとした「ピーチコート」という名前の合成紙があります。適度な光の透過性があり、耐熱性にも優れているので、電飾用紙としての充分な特性を持っています。電飾用フィルムより材料費は安いため、コストを下げたい場合にお薦めの資材です。弊社では展示会ブース内の電飾ポスター用途として多く出力されています。ロール幅は最大で1,270mmと、B0サイズ(短辺1,030mm)の出力にも対応しております。
展示会用LEDパネル
展示会用LEDパネル
「ビューフル®」と「ピーチコート」を並べて比較すると、「ビューフル®」の表面にはツヤがあり、テカテカと光を反射しているのが分かりますが、「ピーチコート」はマットな質感になっています。また、「ピーチコート」は「ビューフル®」に比べて薄く、下に重ねた色が透けて見えています。印刷面の濃い部分は大きな差異は見られませんが、インクがほとんど載っていない白色の部分は角度を変えて見ると光を反射しています。
電飾用紙のサンプル比較
電飾用紙のサンプル比較

この他の電飾ポスター用途の合成紙として、UVオフセット印刷に適合した「ユポ電飾用紙」や、水性顔料インクジェット印刷に対応した「ユポジェット」という製品も出ています。「全国500店舗の共通ポスターの製作」「展示会ですべて異なる商品を紹介するポスター」等、ロットや用途によって使用する資材や印刷方式が変わってきますので、ヒアリングの上で最適な資材をご提案差し上げます。

弊社では電飾ポスター用紙を始めとしたUVインクジェットプリントによる合成紙・特殊紙への印刷を、ロット1部より受け付けております。合成紙・特殊紙への印刷事例や関連コンテンツをご覧になりたい方は、下記の「合成紙・特殊紙印刷」をクリックしてください。

また、社内にデザイナーが常駐しておりますので、お客様のご要望をヒアリングの上でデザインからお引き受けいたします。店舗用ポスターや展示会の製品案内等、制作から印刷加工まで一貫してお任せください。

ご注文に関するご質問や御見積のご要望は、
お問い合わせフォームよりお願いいたします。

お問い合わせフォーム
Copyright©2006-2017 Pronate Inc, All Rights Reserved.